読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24h

Lunch Time Funk/Charisma.com

f:id:antiDOGGY:20170401030612j:plain

 

先月末の水曜日は後輩ちゃんと映画『キング・コング』を観ました。

プリキュアやシングなど家族向けの映画も上映し、春休みも相まって映画館はお子様と保護者の方で大変に賑わっていて、チケット売り場の列は『こちら最後尾』の看板を持ったスタッフさんまで、長々と続いていました。

平日だというに、おそろしや春休み。

 

久しぶりに王道な映画を観た気がします。ネタバレがあってはならないのでオブラートに軽く包み、慎重に選考した言葉で抜粋しお伝えするのならば、以下、感想。の前に前振り。

 

わたしの父は映画が好きで、わたしと妹は幼少期、よく映画館に出掛けていました。もちろん母も一緒に。ドラえもんジブリゴジラなどの特撮系、子供向けの映画が主で、自宅ではビデオテープに録音したたくさんの映画を、何度も鑑賞していました。父という人は今でこそ、家族と食事をするのを楽しみにしているごくごく一般的な父ですが、当時は目に見えて子供嫌いで、わたしや妹が騒ぐと(妹は今は一見、明るい子ですが子供の頃は非常に静かで、あまり喋らず表情もなく、何を今考えているのか家族でさえまったく、分からない不思議な子でした。なのでこの場合、しゃかりきになって騒いでうるさいのは10割の確率でわたし。)それを邪気にして、絶対的に、構ってはくれない父らしくない父、でした。

 

家族で動物園に出掛けても、みんながある程度見終わったら父は『パチンコに行く。』と、手短に告げどこかへ消えてくのが常。家族に向いていない人だったと思います。

ただ唯一、映画だけは別。

おそらく純粋に、自分が観たい気持ちがあったからだと思います。父は映画が好きです。どんな子供向けの映画もエンドロールまで、しっかりと観定め、席を立つのはいつも父の合図で行っていました。エンドロールの最中に席を立とうとしたり、映画の感想を漏らすようなことは禁じられていて、タブーでした。初めからそれを刷り込まれているわたしや妹、母にとって、映画の最後はいつも緊張して、余韻を楽しんでいる父に気を使い、なんだか不思議な場面でした。

 

あの頃観ていた映画は、ほとんどが王道のラインナップで、父がわたし達の趣味に譲歩してくれた部分は少しあれど、少なからずわたしは、あまりその映画の選出が好きではありませんでした。ストーリーが頭に入ってこない。上映中は注意力散漫な状態でした。しかし、静かに鑑賞しないと父や母に怒られるので、苦痛な時間でもありました。大人になってからも、十代のときも、映画を観る習慣のないわたしですが、好きな映画は邦画のいわゆるサブカルチャーの系統にあたるものみたいです。みんなと同じ場面で明らかに『悲しいでしょう!』『楽しいでしょう!』『歯がゆいでしょう!』と繰り広げられる展開に、泣いたり、笑ったり、怒ったりすることが、子供ながら、なんだかバカバカしく感じてしまっていたからでした。テレビで充分な内容だとわたしは冷めた子供でした。

 

今回の映画は王道、と冒頭にて触れましたが、今のわたしには新鮮で、とても楽しかったです。曲がった観点から拒んでいたチャンスを、後輩ちゃんに誘ってもらうことで、打破し手にすることが出来て、彼女には感謝しています。未確認生物のCGは本当に存在するような錯覚に陥らせる、秀逸な映像処理で、息を飲んで次の展開に期待したり、ハラハラして、ビビリなわたしは目を塞いでしまった場面もありました。それに、ラブ・シーンがなかったこともわたしには好印象でした。純粋にアクション映画として楽しめました。

 

父もきっと好きな映画だろうな、と思いました。近年父と映画を観ていないので、(最近、実家に帰ったらパソコンのYouTubeで『陰陽師』の古い映画を、父は一人鑑賞していました。)いつか機会があったらまた、家族でも映画館に行きたいです。

 

映画を観終わった後は、後輩ちゃんのお家でお昼ご飯にと、彼女が作ってくれたガパオライスをいただきました。ものすごく美味しかったです。わたしは火が怖くて、料理も好きではないので、彼女の自立心や、こころのこもったお料理に感動しました。

f:id:antiDOGGY:20170410193816j:plain

 

コーヒーとイチゴのロールケーキまでご馳走になりました。初めて食べたその味に、美味しさに、脱帽でした。写真を撮っておいてよかった!今、見返しても涎がでるくらい!美味しかったです。感謝。

 

わたしは祖母を二人とも亡くしました。祖父も、です。

彼女のお家にお邪魔することは、彼女のおばあちゃまや、おじいちゃまにお会いできる、という、わたしには大きなメリットがあり重要なことなのです。短い時間でも、挨拶だけでも、ご家族とお話する時間はわたしにとって、彼女と楽しく話す時間と同じくらい大好きな時間です。この時もお話ができて嬉しかったです。お土産にチョコレートを3つもいただき、赤々として美味しそうなトマトまで、持たせてもらい、頭が下がる思いです。

 

友達の学校での後輩の彼女に会えて、わたしは幸せです。この日は、貿易と鎖国と核弾頭について、(なんだか小難しそうですが、実際は例え話で、本当にうまく、ある事柄を表現していて、これ以上の単語は似つかわしくないぐらいハマっているので、あえて訂正しません。)お腹を抱えて笑い、話し合いました。いつになっても、笑うってスポーツ!

 

今日は、ようやっとまとめられました。最近なんだかメンタル面が低迷していたので、うまく言葉が出てこなくて困りましたが、なんとか今日は!

連続投下、失礼します。

次回は、今週末、宮崎県にまた家族で、今度は従兄弟の結婚式に参加してくるので、その準備のお話が書けたらいいなと思っています。