読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24h

風に吹かれて/エレファントカシマシ

f:id:antiDOGGY:20170324231010j:plain

 

すごく、見にくい写真でごめんなさい。写真加工の不慣れ感、満載。

 

金曜日はようやっと、ペトロールズ(PETROLZ)のV.Aを手に入れました。いつもブログには開封前のCDジャケットを撮影し、載せているのですが、CDを開封したらば即、iPhoneに落とし込んで聴きたいので、すぐさまPCへの読み込み作業が始まります。

 

同時に、CDを開けたてホヤホヤな状態でブログも書き始めるので、レビューがいつもままならないまま。聴き込んでから感想などをUPしたいのですが、CDを聴く前のワクワク感に、今日も今日とて。勝てた前例も皆無。←

感想は、例のごとく、また後日◎ ぇ

 

休みともなれば、充実した一日を送りたいですが、昨今のわたし、新しい環境であっぷあっぷの様子で睡眠に時間を費やすのは、体が必要としていることなのだと自負し、少し自分を許そうと思います。

 

今朝、ポストに素敵な封筒が届いていて、開封し、母と朝から歓喜していました。

 

f:id:antiDOGGY:20170326083956j:plain

 

エレファントカシマシさんの東京グローブ座で行われた、スペースシャワーTV企画の公開収録ライブに当選し、母と行ってきたのですが、番組のお知らせとポストカード2枚分が入っていました。朝から、うれしいお手紙。ありがたい。

この時の記事や感想は、まとめよう、まとめよう、とするほど、思いの丈が溢れ、長文になってしまい、まとめきれずに今日まできてしまっています。

 

エレファントカシマシさんのベストアルバムが、デビュー30年目、初のオリコンチャート1位を獲得したと知りました。 すごくうれしいお知らせです。メンバーの皆さん、どのようにこの事実を、感じて思っているのか、知りたくなりました。

 

f:id:antiDOGGY:20170327000806j:plain

 

21日の午前中、大きなダンボールに丁寧に梱包され、我が家のデラックス盤は宅急便で届きました。

わたしは出掛ける直前で、バスの時刻に間に合うか、間に合わないかでヒヤヒヤしながら、急いで玄関のドアを開けたところ、宅配便の配達員さんと鉢合わせになり、急いで受け取りのサインをし、挨拶もそこそこに、ダンボールを自宅に担ぎ込んで、確保してから出かけました。バスの時刻にはなんとか間に合うも。ギリギリだったぜ。、

 

帰宅して、母と開封。

随分と大きなダンボールの包みだったので、商品の大きさが知れず、(池袋パルコの写真展で実物が展示されていましたが、楽しみを取っておくため、できるだけ凝視しないように努めていて不明瞭でした。)LPサイズとは聞いていましたが、外装の梱包の手厚さに『受注生産限定』という言葉を思い出しました。しっかり包装していただいて、ユニバーサルさんありがとうございます。

 

フォトブックが豪華。今までのエレファントカシマシというバンドの歩みが分かる、写真付きの年表のような仕立てになっていて素晴らしいです。まずは、わたしよりファン歴の長い母に見て貰いました。目をキラキラさせながら、メンバーさんの写真を、まるで我が子の写真アルバムを見るように、ページをめくる母。

 

その日、母とわたしは帰宅したのが夜遅い時間だったので、CDを聴いたのは次の日の午後になりました。お互いに休みだったので、DISC1のMellow & ShoutのCDから聴き始めました。

 

名曲!ばかり!!!

2月末にライブを観に行ったことも相まって、わたしは、CDラジカセでかかっている『今宵の月のように』のサビの終わり、宮本さんの高音に向かって伸びてゆく声に、一丸となった演奏に、どう表現してよいのかわからないのですが、なぜだか頭が下がる思いでいっぱいになりました。

こんなにも誠実なロックン・ロール・バンドって!!エレカシって!素晴らしい!と感極まっていました。その晩の夕食を摂りながらの母との会話は、もちろんエレカシの話題で持ちきりでした。

 

パソコンに音源を落とし、iPhoneに同期したらば、ディスクはラジカセで聴けるように母に渡しました。

 

f:id:antiDOGGY:20170327044554j:image

実は、3月16日の朝イチ、母と写真展の初日に池袋へ行ってきたのです。物販以外は写真撮影がOKだったので、たくさんiPhoneで写真を撮ってきました。写真展を楽しみにされている方もいらっしゃるとおもうので、ここでは写真展の写真はUPしない方向で。(26日までの展示とのことですが、違う地域でも開催されたらうれしいです。)

 

物販のスペースで、エレカシガチャ、なる物が設置されていました。一回500円。アクリルキーホルダーが、本気のガチャガチャ仕様でランダムで出てくる、という。10種+シークレット、というバリエーションのラインナップでした。

 

わたしも母も、2回、まわしてみました。

物販が無くなることを恐れたわたしは、ガチャガチャスペースに即座に移動し、母より先に回したのですが、写真の↑宮本さんが出ました。

しばらくしてから、もう一度回すと、銀色のビニールに包まれた、何か、が出て。それがシークレットであるのだと、ゆっくりとじわじわと理解しました。大切にカバンにしまいました。まさか、あんなアクリルキーホルダーが入っているとは、。確かにシークレットです。

 

その日は良いお天気で、平日でしたが池袋は人がたくさんいて、落ち着けるような場所を探したり、パルコの周りを散策し、近くの公園でわたしが一服している間に、母が美味しそうなハンバーグ屋さんを見つけてくれたので、二人でランチしました。

 

心を揺さぶられるような、すてきごとを母と一緒に体感できて、すごくうれしかったです。わたしは今30歳で、母は今年60になり、わたしや妹を育てるために、母がエレファントカシマシさんの曲を聴きながら、食いしばってくれていたのだとすれば、わたしはその新しい、母からもらった観点、フィルターからエレカシさんの歌を聴く、ということが、今になってやっとほんの少しだけ、できるとおもうのです。

わたしは結婚はしていないし、子供もいないけれど、母のその時のきもちに寄り添いたいと今は思っています。

 

過去に思いを馳せるでなく、未来に期待して想像するのでなく、ただ、この今を感じてどうするか、がわたしの本意だと気付かされました。過去や未来はそこに付随していく事柄であって、知らぬ間に、今、に繋がっている一部だと思いたいです。簡単にはいかないけれど。今にしかない何かを掴んでいたい。

 

長くなりましたが、今日は診療の日なので、ツラツラ書いて寝ます◎

 

ちゃんとUPできるといいな!←

 

以下、寝落ち。です。z Z Z...